本文へ移動

会社案内

会社概要

会社名
株式会社ナノテック
所在地
〒631-0831 奈良市西大寺宝ケ丘6番6号
電話番号
0742-46-4961
FAX番号
0742-46-5743
設立年月日
1989年(平成元年)6月12日
資本金
1000万円
代表
代表取締役  森井 健補
取扱品目
エアーチャック「マイクロクランプ」・「アストロクランプ」
ダイヤフラムチャック「マノクランプ」
コレットチャック「ラビーンクランプ」
アライメント付きクランプ冶具
小・中M/C用クランプ装置《精密タブラクランプ》
精密5面加工クランプ冶具
各冶具・チャック周辺部品
ロータリーユニオン《FC・FE・FF》
特殊回転流体継手スピンドル、特殊計測装置
洗浄装置《ウルトラファインバブル発生装置》
コンピューター解析(受託)、流体解析、構造解析
鳥翼風車《風車発電機》
各種設計製作・販売
取引銀行
三菱東京UFJ銀行 近鉄学園前支店
奈良中央信用金庫 南奈良支店
南都銀行 西大寺支店
主要納入先
(順不同)
(株)デンソー (株)ジェイテクト 京セラ(株) 本田技研工業(株)
(株)エグロ 愛三工業(株) 豊田自動織機(株) アイシン精機(株)
(株)ツガミ (株)ケーヒン 高松機械工業(株) シチズンマシナリー(株)
大信精機(株) 住友重機工業(株) ミネベア(株) 中村留精密工業(株)
三菱重工業(株) (株)スギノマシン (株)日立オートモティブシステムズ
(株)キヤノン 村田機械(株) (株)日本精機研究所 立山マシン(株)
(株)トヨタ   他拾数社

沿革

1989年(平成元年)
6月株式会社ナノテック 創業
ダイヤフラムチャック総発売元 ・ マテハンチャック総販売元
1994年(平成6年)
エンジニアリング志向導入により「機構技術部」設置
精密エアーチャック開発及び販売(TR102マイクロクランプシリーズ)
1996年(平成8年)
資本金500万円増資(資本金1,000万円に)
旋盤・研磨盤加工用精密エアーチャックTRL・TRG80、126シリーズ開発
回転流体継手開発(チャック回転仕様用)
1997年(平成9年)
ダイヤフラムチャック「マノクランプ」計測用開発
計測用スピンドル開発
1998年(平成10年)
マノクランプ加工用NM4SB・5SB・NM6WBシリーズ開発
1999年(平成11年)
マノクランプ小型化NM2.7EBシリーズ開発
精密マテハンチャック「Xパンダーチャック」開発(NXシリーズ)
2002年(平成14年)
精密・高速ジャーナル「ロータリーユニオン」開発(FCシリーズ)
マノクランプ特許取得 第346718号
マシニングセンター用マノクランプNMT102・102Fシリーズ開発
2003年(平成15年)
高速回転8000rpm仕様NM-3WB・NM-4WBシリーズ開発
2004年(平成16年)
ロータリーユニオン高速回転10000rpm仕様FE・FFシリーズ開発
高圧クーラント仕様Hシリーズ開発
2005年(平成17年)
手動測定用マノクランプNMS-80・80W開発
マノクランプNM-2.7WB・NM-5WB開発
設計部充実のためCADソフトシステム導入
ホームページ開設により情報開示・技術向上に努める
2007年(平成19年)
大型化NM-8NBシリーズ(8inch)開発
マノクランプ高速回転10000rpm 仕様NM-3TB・NM-4TB
3ピストン シリンダー・シリーズ開発
面締チャック(アライメント付クランプ冶具)開発
2008年(平成20年)
   創業20周年
コレットチャック試作着手
CAD(三次元)ソフトシステム導入
三本柱・・・精密ダイヤフラムチャック ー マノクランプ
       ・・・精密ダイヤフラムチャック ー ビダクランプ
       ・・・精密コレットチャック ー ラビーンクランプ
2009年(平成21年)
大型化NM-10WB(10inch)開発
少量・中量の加工用製品の開発 ー マノクランプNM-5SB-6UJ開発
2010年(平成22年)
ギヤー加工用マノクランプNM-6WB-8SSGの開発
精密エアーチャック TR83,TR102「マイクロクランプ」台湾にて委託制作開始
多品種の少量・中量加工時、工程変更を短時間にて交換出来るシステム開発に取り組む
・・・マノクランプ、ラビーンクランプを共通シリンダーに組込む
    バイオネットを同形構造とし、マシンより外すこと無く、ランダムにクイックチェンジが出来る。
    精密マノクランプNM-6TB-6(スリーピストン)、高圧(1.0Mpa)、高速回転(8000rpm)開発に着手
2011年(平成23年)
2010年より開発のランダム・クイック・チェンジシステムの商品完成
・・・マノクランプNM-4WB:ラビーンクランプRC-V4WB
   この交換方式(バイオネット方式)は、特許申請済み。
    ギヤー加工用マノクランプシリーズ化進める
・・・NM-5WB-6(ギヤー溝に対し、揺動ピンを当て、ピンを爪にて把握)
    自動車部品メーカー納入する
2012年(平成24年)
新規事業(環境整備事業)・・・ナノバブルジェネレーターの協同開発に取り組む
・・・本体ALタイプ完成 ナノ粒子径分布測定装置にてナノバブル発生確認
    洗浄機器として販売開始。
    クイックチェンジシステムの製品 精密エアーチャックTR83,TR102の完成
・・・同種の交換時、TR102のシリンダーに対し駆動部のバイオネット構造を利用し、マシンに取り付け済みの   シリンダー本体を外すことなく交換できる。
    新構造マノクランプ - プレシーオン クランプ、NM-41×5IBT
・・・チャック内部に4倍圧機構を設け、高把握に対応する
    増圧タンク増圧弁不要。
2013年(平成25年)
精密エアーチャック、アストロクランプ NT83-315PD6・NT10-315PD6 開発開始
・・・開発目的 ー 従来の楔形構造は並行運動に対し、アストロチャックは上下運動を行う。
  平行移動楔は加工ワーク把握時、浮上り現象が発生する。 結果、固定受け面よりワークが浮上がり着座確認  のNGが起きる。これを防止するには、引き込み移動楔は、常に加工ワークの受け面に当たり、浮上がり発生  がなくなる。
2014年(平成26年)
アストロクランプ NT83・NT102製品
・・・自動車ポンプ部品加工用に使用。 特許申請済み。
  コレット自動交換システム開発開始
・・・コレット交換方式は、バイオネット方式の為、外周より廻り止め処置に対する人的作業が発生する。
  自動交換可能の為には、自社製品コレット・駆動部分を含む構造の見直しを開始する。特許申請済み。
    小型マシニングセンター用2連クランプ治具(本体・パレット)輸入開始
2015年(平成27年)
アストロクランプ NT6製品試作開始
新規事業(環境整備事業) ー 鳥翼風車(風力発電)開発協力
小型・中型マシニングセンター用5面加工冶具輸入開始
コンピューター解析(受託)開始。  流体・構造解析
精密フローティングチャック  #FL-6WB-6開発開始
TOPへ戻る